スポンサーサイト

  • 2008.05.10 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


主催者インタビュー:中嶋 智哉

By Daisuke Kawasaki

中嶋100名を超える大盛況でおこなわれたPWC Finalsが終了し、そして、一年間のPWCの戦いをふまえた最強を決める「ミスターPWC」決定のシングルエルミネーションが始まった。

このトップ8の戦いにも、多くの観客がつき、非常に「興業としてみても」盛り上がっている。

果たして、これだけの大会を運営し続けている中嶋 智哉とはどのような人物なのだろうか?

ここでは、準々決勝がおこなわれている時間を利用して、主催者へのインタビューをおこなったみた。



続きを読む >>

準々決勝ダイジェスト

By Daisuke Kawasaki

Top8

一年以上にわたる長い戦いを経て、今、「ミスターPWC」のタイトルに挑戦する権利を得た8人が確定した。

メンバーの顔ぶれについては、別項のプロフィールを見ていただくとして、ここでは準々決勝の4つの戦いをダイジェスト形式でお送りしよう。
続きを読む >>

Top 8 Profile

By Daisuke Kawasaki


続きを読む >>

Round 7:山下 弘樹 vs 磯崎 泰亮

By Daisuke Kawasaki

さて、長きにわたったこのPWC Finalsも最終戦。

確かに、この後に「ミスターPWC」を決める戦いが残っているといっても、やはりトーナメントはトーナメント。ここでは、全勝同士の戦いをフィーチャリングするのが筋というものだろう。
続きを読む >>

漢の選択を

Round 6の後閑・中村戦を観戦していたのが、「ミスターPWC」渡辺 雄也と、「ブレーキの壊れたデックビルダー」高橋 純也。大会に参加していない高橋がなんで会場にいるのかも疑問だが、気がつけば、GP北九州チャンピオンの彌永 淳也をはじめ、様々なプレイヤーが会場に集っている。

これもPWCの魅力といった所か。

そんな話は置いておいて、観戦していたふたりが中村のプレイングに不満を爆発させ「俺たちにやらせろ!」と、試合終了後のふたりのデックを奪い取ってデュエルを開始した。

渡辺対高橋

ちょっと面白そうなので、このマッチアップもレポートしよう。
続きを読む >>

Round 6:中村 肇 vs 後閑 将樹

By Daisuke Kawasaki

重ね重ね繰り返すが、本日のPWC Finalsの一番の目的は、年間PWCランキング上位8名による「ミスターPWC」決定トーナメントである。

いわば、このスイスラウンドは、壮大な前座であるといってしまっても差しつかえないだろう。

この段階で、ほとんどPWCポイントランキングトップ8の8人が、ミスターPWCのタイトルへの挑戦権を得るであろう事がほぼあきらかとなった。

そして、ここまでのカバレッジは、このトップ8のプレイヤーをフォローすることを目的としていたので、実質的にその役目を果たしたといっても過言ではない。

「僕まだ呼ばれてませんよ」

中村

中村 肇である。
続きを読む >>

Round 5:町田 健次 vs 有留 知広

有留知宏どんなジャンルであっても、また、どんな地域であっても、天才少年と呼ばれる少年がいる。
そして、この神奈川のマジックコミュニティにおいて、過去にそう呼ばれたのは間違いなく有留 知広であった。ちょうど、Round 4で宮内と某大会について話した時も、やはり有留の話になった。

だが、少年もいつまでも少年ではない。有留もすでに青年と呼ぶべき年齢になっている。

二十歳すぎればただの人、という言葉もあるが、果たして有留の場合はどうか。

続きを読む >>