<< 準決勝:渡辺 雄也 vs 睛 功司 | main | 決勝:渡辺 雄也 vs 有留 知広 >>

スポンサーサイト

  • 2008.05.10 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


準決勝:内藤 圭佑 vs 有留 知広

By Daisuke Kawasaki

内藤対有留

試合開始前に、お互いのデックリストを交換し、相手のデックを試しにプレイする2人。

そして、内藤が有留に一言。

内藤 「すごいデッキ持ってきたなぁ…これ、発掘に勝つためのデッキじゃん…」


内藤それもそのはず。有留は、内藤が発掘を使ってくることを想定してこのデックを持ってきている。

内藤だけではない。

すでにほぼ確定していたトップ8が、どのデックを持ってくるかを予想し、そして、そこでもっとも有利に戦えるであろうデックとして、有留はこの青緑クロックパーミを選択してきたのだ。



Game 1

2ターン目に《根の壁/Wall of Roots》を送り込み、マナ加速には成功するものの、《マーフォークの物あさり/Merfolk Looter》だけがきっちりカウンターされていくという、内藤にとって非常に厳しい展開。

内藤の手札には、《黄泉からの橋/Bridge from Below》や大型クリーチャー、そしてそれを釣り上げる《戦慄の復活/Dread Return》と、戦略の基幹をなすカードがそろっている。だが、それらのほとんどは「手札にないことが前提」のキーカードなのだ。

そして、そのことは有留も熟知している。

内藤の、苦肉の策である《マーフォークの物あさり》を対象とした《戦慄の復活》も、きっちりと打ち消す。そして、概念的な決戦がふたりの間でおこなわれているのを尻目に、《神秘の蛇/Mystic Snake》が実質としてのダメージをこつこつと積み重ねていく。

手札が「キーパーツ」で占められている内藤は、この時点でまったく打つ手がなくなってしまった。しかし、それは内藤だけではなかった。有留も、また、ここまで内藤の戦略を妨害するために打ち消し呪文を使い続けた結果、手札に、この中盤では心許ない「1枚目の」《ルーンのほつれ/Rune Snag》を残すのみとなってしまった。

ここからは、実質的にトップデック対決である。

有留が選択するべきプランは、内藤がドローする回数を減らすこと、つまり、トップデックの確率を下げるプランだ。

そのために有留は、場を確立する。《ザルファーの魔道士、テフェリー/Teferi, Mage of Zhalfir》をキャスト。クロックを大幅に増強する。

そして、場の《樹上の村/Treetop Village》も含めて一気に勝負を決めに行く。1回、そしてまた1回とフルアタックを敢行し、内藤に許されるドローは後1回となった。

だが、内藤は、このデックに愛されている。正確に言うと、このデックの存在意義である一撃必殺の《心の傷跡/Traumatize》に愛されている。

この、最後の土壇場の場面での内藤のドローは《心の傷跡》。内藤は、今日一日、この土壇場の《心の傷跡》に何度も助けられてきた。

だが、その奇跡を生かすには、6マナというマナは、ほんの1マナ足りなかった。

有留 1-0 内藤

Game 2

うって代わって、1ターン目に《ラノワールの助言者/Llanowar Mentor》、2体続けて《マーフォークの物あさり》と、墓地を充実させるカードに恵まれ、そして、連続で場に出すことに成功する内藤。

一方の有留は、先手1ターン目に《ラノワールの助言者》をキャストされてしまった事から、墓地を充実させないプランを捨てた有留は、マナを残しながら展開し、内藤の決定打を打ち消すプランで対抗する。

内藤は《マーフォークの物あさり》でドローを進めつつ、大物はいないものの《黄泉からの橋》を捨てて墓地を充実させていく。

内藤の《戦慄の復活》はカウンターされ、そのフラッシュバックも《マーフォークの物あさり》を場に戻すだけと、決して決定打といえるものではなかったが、しかし、フラッシュバックの副産物として場にあらわれた3体のゾンビトークンは、有留にとって決して無視できない脅威であった。

このゾンビトークンでのビートダウンを開始する内藤。有留は《造物の学者、ヴェンセール/Venser, Shaper Savant》をキャストし、ゾンビ1体と相打ちしつつ、もとは1枚のカードである《ラノワールのエルフ》トークンをバウンスしてアドバンテージの損も取り返すプレイで対抗するが、しかし、ライフが心許ない。

内藤は、《心の傷跡》《その場しのぎの人形/Makeshift Mannequin》《リリアナ・ヴェス/Liliana Vess》と連続して展開。有留はそれに対処し続けるが、言い換えれば、有留は内藤の手札からの脅威への対処に迫られ、場の脅威に対する回答を用意する余裕を残せない。

なにしろ、内藤の場には、2体のゾンビトークンを初めとした、大量のクリーチャーにあふれているのだ。

圧倒的な相性差があると思われたマッチアップでの、圧倒的な優位。だが、この優位において、内藤は、ゾンビトークンでは優位を確立するのに心許ないと判断した。

ゾンビトークンをコストに、《ボガーダンのヘルカイト/Bogardan Hellkite》をフラッシュバックの《戦慄の復活》で場に。有留の《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》を除去しつつ、有留自身にもダメージをたたき込む。

有留 「たぶん、あのままゾンビで殴られてたほうが苦しかったよね」

そう、有留のデックは、大量除去がないため、多勢には無力だが、逆にひとつの脅威にひとつの回答を用意するのに優れたデックなのだ。

その《ボガーダンのヘルカイト》を《裂け目翼の雲間を泳ぐもの/Riftwing Cloudskate》でバウンスする有留。


有留守りがうまいプレイヤーがいる。相手の脅威を予測し、その対抗手段を常にケアしてプレイすることで、相手にやりたいことをやらせない。

攻めがうまいプレイヤーがいる。相手の対抗手段を予測し、攻勢によって対策を常に迫りつつ、新しい脅威を展開し続けて、相手にやりたいことをやらせない。

しかし、本当にプレイヤーのプレイングがでるのは、攻めと守りのバランスの部分なのではないかと筆者は考えている。

強いプレイヤーの条件は?という質問に、PT横浜で石田 格はこう答えている。「押すとこは押せて、引けるところは引けるプレイヤー」と。

そして、有留は、まさにその条件を満たすプレイヤーだった。




この《ボガーダンのヘルカイト》に対処したことで、有留は一瞬防御を考える必要がなくなり「自分のやりたいこと」ができる瞬間が生まれた。そして、その瞬間を有留は逃さなかったのだ。

有留は、場にいる《裂け目翼の雲間を泳ぐもの》《神秘の蛇》、そして3枚の土地で一気に内藤のライフを削る。

気がつけば、防戦側にまわらせれていた内藤。

そして、内藤には、続く有留の攻勢に対処する準備はなかったのだった。

有留 2-0 内藤

これまで渡辺が独占し続けていた「ミスターPWC」のタイトルへの挑戦権を、今、有留が獲得する。

スポンサーサイト

  • 2008.05.10 Saturday
  • -
  • 21:56
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック