<< 主催者インタビュー:中嶋 智哉 | main | 準決勝:内藤 圭佑 vs 有留 知広 >>

スポンサーサイト

  • 2008.05.10 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


準決勝:渡辺 雄也 vs 睛 功司

By Daisuke Kawasaki

渡辺対睛

試合開始前に、お互いのデックリストを交換し、相手のデックを試しにプレイする2人。

そして、睛が渡辺に一言。

睛 「オレ、こっちのデッキプレイしたいんだけど…」

Game 1

後手の睛が《思考囲い/Thoughtseize》で渡辺の手札を除く所からゲームスタート。

土地が2枚に《ルーンのほつれ/Rune Snag》《裂け目翼の雲間を泳ぐもの/Riftwing Cloudskate》《熟考漂い/Mulldrifter》《目覚ましヒバリ/Reveillark》という手札をみて、睛は「つえーなぁ」と一言。

その中から少考の末に、《裂け目翼の雲間を泳ぐもの》と《ルーンのほつれ》の二択で睛は《ルーンのほつれ》を選択する。

残った《裂け目翼の雲間を泳ぐもの》を待機する渡辺。さらに《熟考漂い》でドロー。睛がキャストした唯一のクリーチャーである《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》も《誘惑蒔き/Sower of Temptation》されてしまう。

睛睛 「駄目だ…デッキがちがいすぎるわ…」

睛は《名も無き転置/Nameless Inversion》で《誘惑蒔き》を除去するが、《裂け目翼の雲間を泳ぐもの》で《樹上の村》を手札に返されてしまう。

まったく展開できない睛の前に降臨する《目覚ましヒバリ》。

睛 「弱すぎるな、このデッキ…」

睛はせめて《樹上の村》でのビートを試みるのだが、アタック前に《目覚ましヒバリ》に打ち込まれる《一瞬の瞬き/Momentary Blink》。

墓地には、《熟考漂い》と《誘惑蒔き》。






渡辺 1-0 睛


渡辺「ミスター(PWC)なんていいもんじゃないよ」

これは、今大会を通して、渡辺が言い続けているセリフである。

相澤 「だから、ナベには勝たせたくないんです。」

「トップ8の誰よりもミスターPWCになりたかった自信がある」と語る相澤。自身の分身のような黒緑エルフを使用する睛に、自分の姿を重ね合わせる。

2006年のThe Finalsでは渡辺の隣にいた相澤が、今、渡辺の反対側に座っている。





Game 2

睛がマリガン。

そして、更にマリガン。つきあうように渡辺もマリガンをする。

睛が《ラノワールのエルフ》、渡辺が《思案/Ponder》という動きだが、ここで渡辺がシャッフル。

睛 「なんとかすごい事故ってくれないかな…それくらいしか勝ち目がないよ…」

2ターン目に《狼骨のシャーマン/Wolf-Skull Shaman》キャストから、続くターンに族系…成功!大喜びの睛と相澤。

渡辺は、そんなふたりを冷ややかに見ながら《裂け目翼の雲間を泳ぐもの》を待機する。睛のライブラリートップは、《名も無き転置》。連続の族系成功にふたりは勝利が決まったかのような大喜びをする。

そして、三度成功する《狼骨のシャーマン》の族系。

2マナのクリーチャーがこれだけのクロックを生みだしてしまうと、いくらアドバンテージの固まりであるさすがに渡辺のデックでも、対処の方法はなかった。

渡辺 1-1 睛

Game 3

またも睛はマリガンをする。

渡辺が、《島/Island》セットから《思案》をキャスト。今度こそシャッフルはない。

睛は、《思考囲い》で今度は念願のマナアーティファクトである《精神石》をみつけ、少考の末に、それをディスカードさせる。

そして、2ターン目にはGame 2を決めた《狼骨のシャーマン》を場に呼び出す。続く《レンの地の群れ使い/Wren's Run Packmaster》は《誘惑蒔き》されてしまうが、《狼骨のシャーマン》の族系がまたも決まり続ける。

さらに、《誘惑蒔き》も《叫び大口》で除去と、完全に場の主導権を握った形の睛。相澤の顔が期待に満ちている。

慎重に《樹上の村》《レンの地の克服者》という、《造物の学者、ヴェンセール》で殺されないクリーチャーでのアタックをおこなう睛。渡辺は、《造物の学者、ヴェンセール》をキャストし、《レンの地の克服者》を手札に戻し、《裂け目翼の雲間を泳ぐもの》と2体で《樹上の村》をブロックする。

しかし、この睛の攻勢が、《目覚ましヒバリ》を前に、一気に鈍る。なにせ、渡辺の墓地には、《裂け目翼の雲間を泳ぐもの》から《誘惑蒔き》《熟考漂い》となんでも有りなのだから。

そして、渡辺のキャストした《誘惑蒔き》が睛の有力戦力である《レンの地の克服者》を奪ってしまうと、完全に戦況は逆転する。

なにより、Game 2ではあんなに族系に成功した《狼骨のシャーマン》が、今はまったく成功しないのだ。

渡辺が2体目の《目覚ましヒバリ》を想起し、《誘惑蒔き》と《裂け目翼の雲間を泳ぐもの》を場に戻し、《狼骨のシャーマン》を含む睛の場をまっさらにする。

睛は、ライブラリーのトップを渡辺に見せて、一言。

睛 「族系、成功してたね…」

渡辺 2-1 睛

渡辺は、「ミスターPWC」にまた一歩近づいた。本人が望む望まないに関係なく。

なぜなら、やはり、渡辺という存在に「ミスターPWC」は不可分なのだから。

スポンサーサイト

  • 2008.05.10 Saturday
  • -
  • 21:45
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック